Sara Kobayashi, Sop cHitoshi Iwakiri 小林沙羅 (ソプラノ)

レパートリー [英語ページ]

東京芸術大学音楽学部卒業。同大学大学院修士課程修了。東京都出身。2010年3月より留学し、ウィーンとローマにて研鑽を積みながら演奏活動を行う。2010年度上期野村財団奨学生、2011年度文化庁新進芸術家在外研修員。2014年度ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。声楽を中村綾子、高橋大海、島崎智子、Adele Haas、Walter Moore、G.Gitto各氏に師事。2010年7月にはオーストリアにて、ソプラノ歌手、ミレッラ・フレーニ氏、ピアニスト、ヴォルフラム・リーガー氏によるマスターコースを受講。2011年5月にはベルギーにて、バリトン歌手、トム・クラウス氏、ソプラノ歌手、テレサ・ベルガンツァ氏によるマスタークラスを受講。2015年にはローマにてマリエッラ・デヴィーア氏によるマスタークラスを受講。2015年秋に帰国。日本声楽アカデミー会員。

5歳よりピアノとクラシックバレエを始める。10歳で坂東玉三郎氏による演劇塾「東京コンセルヴァトリー」の特別聴講生となり日本舞踊を習い始める。舞台女優に憧れ、17歳より本格的に声楽の勉強を始める。

2006年に「井上道義の上り坂コンサート」でデビュー後、「サントリーホール成人の日コンサート」、「大野和士こころふれあいコンサート」、ヘンデル「メサイア」、ベートーヴェン「第九交響曲」、ハイドン「天地創造」、マーラー「第四交響曲」、フォーレ「レクイエム」、モーツァルト「レクイエム」などにソリストとして出演。NHK交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー、東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢など、オーケストラとの共演を重ねる。

オペラには『トゥーランドット』リュー、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、『魔笛』パミーナ、パパゲーナ、『フィガロの結婚』スザンナ、『こうもり』アデーレ、『メリー・ウィドー』ヴァランシエンヌ、『イリス』芸者、『椿姫』ヴィオレッタ、『愛の妙薬』アディーナ、『ジャン・スキッキ』ラウレッタなど様々な役をレパートリーとし、各地で出演を重ねている。

2009年7月には『トゥーランドット』リュー役で読売日本交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢(井上道義指揮)と共演し、その模様が日本テレビ〈深夜の音楽会〉で放映された。同年と翌年9月には2年続けて〈サイトウキネン・フェスティバル〉に参加。青少年のためのオペラ『ヘンゼルとグレーテル』でグレーテル役を演じた。2009年11月には日生劇場に同グレーテル役で出演し、読売日本交響楽団(下野竜也指揮)と共演した。2011年7月には兵庫県立芸術文化センターにて佐渡裕指揮『こうもり』にアデーレ役で出演。ウィーンフィルメンバーやカウンターテノールのJ.コヴァルスキーらベテラン歌手と共演し、大成功をおさめた。

2012年2月にはソフィア国立歌劇場に『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタ役でデビュー、3月には同歌劇場に『愛の妙薬』アディーナ役で出演し、大成功を収めた。同年6月にはウィーンにて開催されたオペレッタコンクール、オスカーシュトラウス声楽コンクールにて2位を受賞。同月、ウィーン楽友協会大ホールにてベートーヴェン「第9交響曲」のソプラノソロを務め、チェコ・モラヴィア・フィルと共演。7月にはブラジルのポルト・アレグレにてマーラー「第4交響曲」のソプラノソロを務め、ポルト・アレグレ交響楽団(OSPA)と共演するなど、海外へも活動の幅を広げている。

2013年には日生劇場にて再びグレーテル役を、2014年には東京芸術劇場で『こうもり』アデーレ役(H.リヒター指揮)を演じた。同年『パルジファル』花の乙女役で新国立劇場にデビュー。2015年には東京芸術劇場『メリー・ウィドー』ヴァランシエンヌ役(M.バルケ指揮)を演じた。また野田秀樹演出、井上道義指揮『フィガロの結婚』のスザンナ役にオーディションで抜擢され、全国10か所12公演をシングルキャストで務め上げ、その演技力と歌唱で観客を魅了した。この模様はNHKBSプレミアムで全幕放映された。2017年にもオペラ出演が決定しており、オペラ界での今後の活躍も注目されている。

近年のコンサートではオラトリオのソリストの他、数々のオペラアリアやモーツァルトのモテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」、グリーク「ペールギュント」のソルヴェイグ役などで度々オーケストラと共演。また、度々全国各地でソロリサイタル開催する他、ギターの荘村清志氏とのデュオコンサートや、ホルンの福川伸陽氏とのコンサートを行うなど様々なアーティストと共演し、レパートリーと表現の幅を広げている。ピアノの福間洸太朗氏とは2011年より宮城県石巻市を訪れ、被災した小学校や幼稚園などで演奏を行っている。

2007年より毎年のように長野県小布施町でソロリサイタルを行い、海外のオペラや歌曲の他に、多くの日本歌曲を取り上げている。2007年には千住明・松本隆による新作『隅田川』「源氏物語」、2011年には千住明・黛まどかによる新作『万葉集』、2013年には三枝成彰作曲の新作オペラ『KAMIKAZE』の愛子役で初演を務めるなど、多くの日本の新作オペラの初演を担っている。現代詩表現グループ<VOICE SPACE>に所属し、谷川俊太郎、佐々木幹郎、覚和歌子、小室等、谷川賢作、各氏と共演を重ねるなど、子どもの頃から大好きだった詩の朗読や、新曲演奏にも力を入れている。

〈サイトウ・キネン・フェスティバル〉〈ラ・フォル・ジュルネ音楽祭〉への度々の参加や、映画「のだめカンタービレ」「シュアリー・サムデイ」サウンドトラック、マスターカードのCM「ローマの平日編」での歌唱、テレビ朝日「題名のない音楽会」出演。2014年プロ野球コナミ日本シリーズでの国歌独唱、「NHKニューイヤーオペラコンサート」出演などでも注目を浴びる。CDは2014年に日本コロムビアからファーストアルバム「花のしらべ」をリリース。国内外の花にまつわる歌曲を収録した他、自作の曲「えがおの花」を収録し話題となった。2016年にはセカンドアルバムをリリース予定。